akadan123日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメーションwikipedia

<<   作成日時 : 2011/10/03 01:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アニメーション(英: animation)は、動画(どうが)とも呼ばれ、コマ撮りなどによって、複数の静止画像により動きを作る技術。連続して変化する絵や物により発生する仮現運動を利用した映像手法である。語源 [編集]animation(アニメーション)は、ラテン語で霊魂を意味するanima(アニマ)に由来しており、生命のない動かないものに命を与えて動かすことを意味する。日本における訳語の変化 [編集]明治期末に国外から短編アニメーションが輸入、上映され、「凸坊新画帖」と題されて公開された。これが最初のアニメーションの日本語訳ともみなされる。アニメの主流である商業用セルアニメーションは、映画の場合は「漫画映画」、テレビの場合は「テレビ漫画」と呼ばれていたが、今日では「animation」をそのままカタカナに訳した「アニメーション」、略して「アニメ」と呼ばれている。なお、「動画」はアニメーターの政岡憲三による提唱。さらに遡ると、「線画」「漫画」「繰画」という呼称があったという。線画から動画へ [編集]映画のクレジット等の記録では、1930年代は「線画」がほとんどであった。「線画」の概念には、「線」による「画」という意味があり、実写映画に使われる地図、グラフや図表などを意味することがあった。「線画」のスタッフは、アニメーションだけでなく、地図、グラフや図表、字幕なども描くことがあった[1]。1940年代は「線画」と「動画」が混在し、第二次世界大戦後は、ほとんど「動画」が使われるようになった。1943年のアニメーション入りの実写映画『ニッポンバンザイ』(朝日映画社)では、「線画」が使われている[2]。同年のフルアニメーション映画『くもとちゅうりっぷ』[3]では、「動画」がクレジットに使用され、製作は松竹動画研究所となっている。 1944年、それまで「線画」を使用していた朝日映画社も、『フクちゃんの潜水艦』で「動画」のクレジットを入れる[4]。1947年、日本動画社が設立。製作された『すて猫トラちゃん』でも、「動画」がクレジットとして使われた[5]。1948年7月5日の参議院労働委員会で、東宝の労働問題に関する報告のなかで、「動画」が使用されている[6]。漫画映画・テレビ漫画からアニメへ [編集]1960年代から1980年代頃までは、アニメーション映画興行の『東映まんがまつり』やテレビアニメの『まんが日本昔ばなし』など、「まんが」が使われている。当時の世代の人は、今でもアニメのことを「漫画映画」「テレビ漫画」と呼ぶことがある。また主題歌CD集などでは、今でも1960、1970年代の作品を指して「懐かしのテレビまんが」などと表記されるものもある。1980年代以降は、テレビや映画などの映像物である動画の「アニメ」と、印刷物など静止画の「漫画」は区別されて呼称されるようになり、アニメーションを「漫画」とする用例は衰退していった。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニメーションwikipedia akadan123日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる